よくある質問 Q&A

よく「硬式野球は肩を壊す」と聞きますが本当ですか?

「硬式野球だけが肩を壊す」ということはありません。軟式野球でも投げ方が悪かったり、投げ過ぎによって肩や肘を壊します。故障をしないためには準備運動とウォーミングアップが大切です。当球団では野球経験者が指導者となって、基本的なことから丁寧に指導をしております。
またリトルリーグでは投手の場合、公式戦では球数制限や登板間隔が定められており、無理な使い方ができないシステムになっております。また塁間などグランドのサイズも狭く、子供たちの体への負担を軽減させるなどの工夫が施されております。

リトルリーグは盗塁が無いので、ゲームの面白さが半減するのでは?

離塁に制限がありますが、盗塁はできます。離塁に制限を設けることでけん制による暴投で大量点が入るといったケースが少なくなり、むしろ締まった試合が多くなります。また子供たちの体の負担も軽減されるメリットがあります。

硬式用の道具を新しく揃えるとお金が掛かるのではありませんか?

軟式用のグローブを持っていれば十分です。バットも球団のものがございますので、わざわざ買う必要はありません。

小学校低学年ですが、硬式野球はまだ早いのではと思うのですが?

当球団には小学校1年生から入団している子もおります。小学校5年生以下を「マイナーチーム」として高学年と分けており、別メニューで練習をしています。マイナーだけの試合も組んでおり、秋には公式戦も行っております。

保護者もグランドでの当番があると聞きますが?

子供たちの怪我や急病の対応のため、毎回1名程度保護者がグランド当番について頂いていますが、割合として1〜2か月に1回程度の間隔です(その時点の在籍家庭数に依ります)。当番ができないなどの事情のある方はご相談ください。

グランドが遠くて、毎回の送り迎えが難しいのですが?

当球団にも毎週の送迎が難しいご家庭の方がいらっしゃいますが、保護者同士で交替しながら送迎を行うなど、それぞれ送迎等の負担を減らす工夫をしておりますので、是非ご相談ください。

冬の練習はどのようになっていますか?

当球団では、専用の室内練習場を使用しておりますので、冬期間はもちろん、雨天時でも土の上で硬式球を使った練習が可能です。一度当球団の体験入団にお越しください。